旅モバ

旅、モバイル、サーバ関連(Linux,FreeBSD)、クラウド・Webサービス、その他PCの話題など。

スポンサードリンク

LXDストレージプールのbtrfsボリュームの透過圧縮を有効化する方法

まず、透過圧縮を行いたいボリュームを特定します。

# lxc storage list
+---------+-------------+--------+--------------------------------+---------+
|  NAME   | DESCRIPTION | DRIVER |             SOURCE             | USED BY |
+---------+-------------+--------+--------------------------------+---------+
| default |             | btrfs  | /var/lib/lxd/disks/default.img | 1       |
+---------+-------------+--------+--------------------------------+---------+

次に、以下のコマンドを入力します。デフォルトでは user_subvol_rm_allowed が指定されていますので、これに加えて compress=lzo を指定します。(user_subvol_rm_allowedはつけなくても良いかもしれませんが念のため)

# lxc storage set default btrfs.mount_options user_subvol_rm_allowed,compress=lzo

lxdサービスを再起動し、mountコマンドでcompress=lzoが有効化されたことを確認します。

# service lxd restart
# mount
sysfs on /sys type sysfs (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime)
~ (略) ~
/var/lib/lxd/disks/default.img on /var/lib/lxd/storage-pools/default type btrfs (rw,relatime,compress=lzo,space_cache,user_subvol_rm_allowed,subvolid=5,subvol=/)
~ (略) ~

参考