旅モバ

旅、モバイル、サーバ関連(Linux,FreeBSD)、クラウド・Webサービス、その他PCの話題など。

スポンサードリンク

aws-cliやaws-sdkが動かない時は時刻が正しいか確認する(原因と対応)

VirtualBox等の仮想化環境でawsコマンド(aws-cli)やaws-apiライブラリを使用したシステムよりAWSの各種APIへアクセスすると、次のようにエラーが表示される場合があります。

An error occurred (RequestTimeTooSkewed) when calling the ListBuckets operation: The difference between the request time and the current time is too large.

特に、ノートPCの場合はその現象が顕著に発生する傾向があります。

原因

ノートPCでVM起動中にスリープ(サスペンド、ハイバネーション)を行うと、スリープ復帰後に時刻ずれが生じる場合があります。

スリープ復帰後は時刻が自動的に補正されない場合があるため、次のいずれかの対応が必要となります。

A)手動で時刻補正を行う B)VMを一旦停止(シャットダウン)してから起動し直す

対応

ここでは、Aの方法をもとに説明を進めます。

1.時刻が正しいか確認します

Linux(VM)の日時を確認します。

# date
Thu Apr 18 00:05:58 JST 2019

次に、ホストOSの日時を確認します。 image.png

以上を見てみると、ホストOSとVMで異なる時刻を示していることがわかります。

2.時刻を合わせます

ntpdateで時刻を合わせます。(以下はNICTのタイムサーバを使用する例です)

# ntpdate ntp.nict.jp

上記コマンドを実行すると、次のように結果が返され、時刻が補正されます。

18 Apr 01:21:42 ntpdate[15103]: step time server 133.243.238.243 offset 4325.436029 sec

3.awsコマンドを実行する

awsコマンドで何らか実行を行い、意図した結果が返ってくれば解決となります。