旅モバ

旅、モバイル、サーバ関連(Linux,FreeBSD)、クラウド・Webサービス、その他PCの話題など。

スポンサードリンク

LXDコンテナで固定IPアドレスを設定する方法

固定IPアドレスの設定

複数指定する場合は、eth0の部分をeth1, eth2...のように変更します。

$ lxc network attach lxdbr0 <コンテナ名> eth0 eth0
$ lxc config device set <コンテナ名> eth0 ipv4.address <IPアドレス>
$ lxc stop <コンテナ名>
$ lxc start <コンテナ名>

lxc network attach lxdbr0 <コンテナ名> eth0 eth0にはeth0が2つ登場しますが、どちらもコンテナに関連するもので、1つ目はホストから見た場合(lxd listコマンド等で表示される)のコンテナのインターフェース名、2つ目はコンテナ内から見た場合(コンテナ内でipコマンド等で確認できる)のインターフェース名です。

固定IPアドレスの解除

$ lxc config device remove <コンテナ名> eth0
$ lxc stop <コンテナ名>
$ lxc start <コンテナ名>

または、次のコマンドでも解除可能

$ lxc network detach lxdbr0 <コンテナ名> eth0
$ lxc stop <コンテナ名>
$ lxc start <コンテナ名>

設定済みの固定IPアドレスの確認

$ lxc network list-leases lxdbr0