読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅モバ

旅、モバイル、サーバ関連(Linux,FreeBSD)、クラウド・Webサービス、その他PCの話題など。

カゴヤクラウド/VPSでIPエイリアスを追加する方法

カゴヤクラウド/VPSのインスタンスに対してIPエイリアスを追加するには、以下のコマンドを入力します。

# ip addr add 192.168.200.1/24 dev venet0

追加されたIPアドレスは以下のコマンドで確認することができます。(ifconfigコマンドでは確認できません)

# ip addr show

設定を永続的にするには、/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-venet0に以下の設定を追加します。複数のIPエイリアスを設定するには、「IPADDR3」「NETMASK3」「IPADDR4」「NETMASK4」・・・のように続けて設定します。

IPADDR2=192.168.200.1
NETMASK2=255.255.255.0
IPADDR3=192.168.200.1
NETMASK3=255.255.255.0

なお、IPエイリアスの設定については以下のURLをご参照ください。
「ifconfig eth0:?」は古い!CentOS/RHELでのIPエイリアスの設定方法 - 旅モバ

カゴヤクラウド/VPSに限ったことではありませんが、VPS上にIPエイリアスを設定することで複数のプライベートIPを利用できるようになります。ただし、VPSで単にIPエイリアスを構成しただけではあまり意味が無く、OpenVPNと組み合わせることで意味を持つものとなります。特にIPアドレスごとに開発環境を分けたい(ローカル環境でIPベースのバーチャルホストを構成したい)場合に便利です。