旅モバ

旅、モバイル、サーバ関連(Linux,FreeBSD)、クラウド・Webサービス、その他PCの話題など。

RHSM管理のRedHat Enterprise Linuxにおけるyumのプロキシ設定

Red Hat Subscription Manager(RHSM)で管理されたRedHat Enterprise Linux(RHEL)では、これまでのサブスクリプション管理(RHNクラシック)とは設定ファイルが異なっているため、yumのプロキシ設定を行う際には注意が必要です。

RHNクラシックでは、/etc/sysconfig/rhn/up2date でプロキシ設定を行いますが、RHSMでは/etc/rhsm/rhsm.confで設定を行います。

設定手順

プロキシサーバ

以下のプロキシサーバを例として、設定箇所を表記しています。

プロキシサーバproxy.hoge.local
ポート3128
ユーザー名hogeuser
パスワードhogepass

設定箇所

# an http proxy server to use
proxy_hostname = proxy.hoge.local

# port for http proxy server
proxy_port = 3128

# user name for authenticating to an http proxy, if needed
proxy_user = hogeuser

# password for basic http proxy auth, if needed
proxy_password = hogepass