読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅モバ

旅、モバイル、サーバ関連(Linux,FreeBSD)、クラウド・Webサービス、その他PCの話題など。

Windows8のスタート画面で目的のアプリを即座に立ち上げる方法

f:id:tabimoba:20130813144152p:plain
Windows8のスタート画面は、インクリメンタルサーチに対応しています。


f:id:tabimoba:20130813144156g:plain:left:w200f:id:tabimoba:20130813144158g:plain:w200


スタート画面におけるインクリメンタルサーチとは、一言で言えば「コマンド入力型ランチャー」です。アプリケーション名に含まれる文字列(一部または全部)を入力すると文字列に該当するアプリケーションが絞り込み表示がされ、Enterキーを押すとアプリケーションを起動することができます。

この機能はWindows7でも利用できていましたが、慣れるとアプリケーションを探す手間が減り、目的のアプリケーションを即座に立ち上げることが出来るようになるため非常に便利です。

私自身Windows7ではスタートボタンを辿って起動することは少なく、インクリメンタルサーチを利用する方が多かったので、Windows8のスタート画面でもあまり困っていなかったりします。