旅モバ

旅、モバイル、サーバ関連(Linux,FreeBSD)、クラウド・Webサービス、その他PCの話題など。

SaaSesのOsukiniサーバーAirを契約した

f:id:tabimoba:20130708010624p:plain
自宅サーバの置き換え用にSaaSesのOsukiniサーバーAirを契約しました。
Linux版VPS「Osukiniサーバー」 特長|クラウドならSaaSes

f:id:tabimoba:20130708010548p:plain
プラン10というプランで、2013年7月31日までに契約すると、契約期間中は462円/月で利用できます。
Linux版VPS「Osukiniサーバー」 プラン・料金|クラウドならSaaSes

スペックは、以下の通りです。

CPU 1.9GHz(AMD Opteron 2347) 1コア
メモリ 1GB
ディスク容量 40GB
ハイパーバイザー Xen
提供OS CentOS5,CentOS6,Debian Squeeze,Ubuntu10.04,Scientific Linux6
いずれもx86,x64

ディスク容量が少なめなのと、提供OSがCentOS以外バージョンが古めな点など、他社のVPSと比べて劣る点はありますが、メモリ1GBのXen系VPSがこの価格で利用できるのは非常に魅力的です。また、価格も462円/月と電気代並みの料金で非常に安く、自宅サーバのリプレースに最適です。

私は本プランを3契約しました。うち1台はCentOS6上に仮想デスクトップ環境を構築して使用していますが、なかなか良い感じです。また、Wineを利用することで、全てではありませんがWindowsアプリも利用できますので、WindowsのためにWindows VPSを契約する必要もありません。年間5,544円でセカンドPC代わりに使える環境が持てるのは、非常にお得です。

なお、契約初月の料金は無料です。また、試用期間が2週間ほど設けられていますので、試してから自分の用途に合わないな(回線速度が遅い、ディスク容量が少ない、Ubuntu12.04LTSが使いたいなど・・)と思えば、課金前に解約可能です。興味のある方は是非チェックしてみてください。