旅モバ

旅、モバイル、サーバ関連(Linux,FreeBSD)、クラウド・Webサービス、その他PCの話題など。

DoCoMo3Gネットワーク利用のMVNOは当たり外れが大きい

IIJmioやb-mobile,OCNなど、最近DoCoMoの3Gネットワークを利用した低価格なMVNOサービスが増えています。今回IIJmioを契約し、今までにイオンSIM,OCNを契約してきましたが、それらを利用して感じたことは、DoCoMoの3Gネットワークを利用するMVNOサービスは当たり外れがあるということです。
それぞれのサービスは月額利用料金が非常に低価格ですが、各社によってサービスの品質に大きな差があります。このため、同じDoCoMo3Gネットワークを利用するサービスであっても、DoCoMoより先のネットワーク(MVNO側設備)の問題により、A社のMVNOは快適に利用できる、しかしB社のMVNOは全く使い物にならない等の問題が発生しています。また、「体感」など定量的に図れないものもあり、安定して利用できるかどうかは、スピードテストの結果だけでは判断できません。
このため、MVNOの契約にあたっては、MVNOが公開している仕様(回線速度)やスピードテストの結果だけではなく、実際の利用者のレビューや感想などを参考に検討されることをお勧めします。