読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅モバ

旅、モバイル、サーバ関連(Linux,FreeBSD)、クラウド・Webサービス、その他PCの話題など。

Retinaディスプレイと相性の良いリモートデスクトップアプリ「Jump Desktop」

Jump Desktop (Remote Desktop) - RDP / VNC

Jump Desktop (Remote Desktop) - RDP / VNC

  • Phase Five Systems
  • ビジネス
  • ¥1,500

Jump DesktopはWindowsのリモートデスクトップ接続(RDP)に対応した、リモートデスクトップアプリです。iPhone,iPadいずれにも対応しています。
新しいiPadでは、解像度を1920x1200に設定すると、Retinaディスプレイの解像度の高さを実感することができます。
その他に以下のような特長があります。

  • フリックやiPhoneのソフトウェアキーから入力された日本語入力がそのまま通る
  • クリップボードが共有できる
  • サウンドの再生に対応している
  • SSHトンネル(ポートフォワード)経由でリモートデスクトップへアクセスできる
    SSHサーバとRDPサーバ(接続先のWindowsPCあるいはサーバ)のIPアドレスは別に設定可能
    SSHトンネル経由での接続を行う場合、接続先のRDPサーバはプライベートIPアドレスで接続可能
  • AirPlayや外部出力(RGB,HDMI)に対応
    iPhoneの場合は、外部出力側にリモートデスクトップ画面が表示され、iPhone本体はキーボードとトラックパッドの役割となります。

私も日常的に本アプリを使用していますが、日本語入力がそのまま通る点と、SSHトンネル経由での接続に対応している点は非常に便利です。
細かな部分の使い勝手も良く、動作も安定していますので、リモートデスクトップアプリの中でもおすすめできるアプリです。
ちなみに、↓は実際にリモートデスクトップで接続している状態のスクリーンショットです。
こちらをクリックすると等倍で拡大します