旅モバ

旅、モバイル、サーバ関連(Linux,FreeBSD)、クラウド・Webサービス、その他PCの話題など。

新しいiPadを購入しました。





予約していた「新しいiPad」が昨日届きました。
早速使い始めているのですが、この機種を一言で表現するとすれば、「カメラと液晶が高画質になったiPad2」でしょうか。

液晶が高画質になったことで、iPad,iPad2で潰れてしまうような細かな文字も表現できるようになった点は良いと思います。例えば、今まで等倍表示の状態で潰れてしまっていた自炊した書籍や原稿の細かな文字も、その箇所を拡大せずに書かれている内容を判断することができます。
また、カメラが高画質になったことで、ビデオカメラ代わりに使うのも面白いかもしれません。iMovieやAvid Studioなどと組み合わせると、撮影も編集もiPad1台で完結できます。

残念な点は、液晶が高解像度になっても、Safariで1画面に表示される範囲(情報量)がiPad2までと変わらない点でしょうか。ただ表示される文字の輪郭が滑らかになっただけといった感じです。PCやAndroid端末のように、「解像度が高い=表示される情報量が増える」ではないのです。そのうち高解像度でブラウズできるWebブラウザがアプリとして出るかもしれませんが、それまではWebブラウズにこの高解像度を活かすことができず、非常に残念に感じます。
全体的には良く出来た製品ですが、iPad2との違いがあまり感じられない点で今一つです。ですので、iPad2からの買い換えの方にとってはちょっと残念に感じるかもしれません。ただ、初代iPadの場合は大幅に性能や機能がアップしていますので、買い換えを検討されている方には是非おすすめします。