旅モバ

旅、モバイル、サーバ関連(Linux,FreeBSD)、クラウド・Webサービス、その他PCの話題など。

ServersMan@VPSをオンラインストレージとして考える


DTIのサービスにServersMan@VPSというVPSサービスがあります。
私もこのサービスのユーザーで、オンラインストレージやWebアプリ開発用のテストサーバとして使っています。
このサーバはOpenVZ系のVPSサーバになります。OpenVZ,Virtuozzo系のVPSサーバは、Swapが無い、利用可能なサービスやアプリケーションに制限がある(ハードウェア寄りの機能に制限がある)など、アプリケーションサーバとして利用するにはやや使いづらかったりしますが、ディスク容量を任意に増やすことができるという強みがあります。このため、アプリケーションサーバやWebサーバとしてだけでなく、オンラインストレージのような使い方もできます。
また、ServersMan@VPSの場合は、設定を行うことなくオンラインストレージとして使うことが出来ます。というか、そのような使い方がサービス上において想定されています。標準でWebdavやServersManが利用可能で、これらを利用するにあたってサーバ内の設定ファイルを編集する必要はありません。ですので、難しいサーバの設定を行うことなく、例えばBox.netのような手軽さで、大容量かつ安価で高速なオンラインストレージとして使いたい方にとっても非常に手軽で使いやすいサービスになっています。
そして、本来はVPSサーバですので当然Webサーバやメールサーバとしても使えます。例えば、Webアプリの作成用の検証環境として使いつつ、オンラインストレージとしても使うといったことが可能です。(ただし、このような使い方をする場合はStandard以上をおすすめします)
ということで、オンラインストレージとしてServersMan@VPSを見た場合のメリットと、容量ごとの月額費用をまとめてみました。

ServersMan@VPSのメリット
  • 最低利用期間無し
  • 最大2ヶ月無料
  • ディスク容量の増設は、増設可能な容量の上限が無い
  • Webdavに対応しており、運用環境を選ばない
  • SFTPが利用可能なので、BSDやLinuxサーバのバックアップとしても使いやすい
  • 国内データセンターで運用されているため、レスポンスが非常に良く、海外のオンラインストレージサービスよりも高速
  • ServersManが利用できるので、専用ソフトのインストールで簡単にオンラインストレージとして使える
  • スマートフォン用のServersManアプリを使用することで、iPhoneAndroidからも簡単にストレージへアクセス可能
  • VPSサーバなので、ストレージ以外の用途にも使える
仕様および容量ごとの月額費用

比較として、同じくDTIが運営するServersMan@Diskも挙げてみます。




















































プラン ServersMan@Disk ServersMan@VPS
Entry Standard Pro
メモリ 最大1GB
(保証256MB)
最大2GB
(保証512MB)
最大4GB
(保証1GB)
IPアドレス IPv4x1
IPv6x1
IPv4x2
IPv6x2
IPv4x4
IPv6x4
WebDAV対応 ×
標準ディスク容量 10GB 10GB 30GB 50GB
月額料金 210円 490円 980円 1,980円
追加ディスク容量 10GB/105円
50GBの場合の月額料金630円910円1,190円1,980円
100GBの場合の月額料金1,155円1,435円1,715円2,505円
200GBの場合の月額料金2,205円2,485円2,765円3,555円
500GBの場合の月額料金5,355円5,635円5,915円6,705円
1000GBの場合の月額料金10,605円10,885円11,165円11,955円