旅モバ

旅、モバイル、サーバ関連(Linux,FreeBSD)、クラウド・Webサービス、その他PCの話題など。

BUFFALOの無線LANルータはiPhone,iPadと相性が悪い?

この内容は、以前に書いた記事(iPadがWiFiで接続できない場合は、無線LANアクセスポイントのファームアップをする - 旅モバ。)の続きとなります。

自宅では、BUFFALO WZR2-G300を使用していますが、この機種はiPhoneiPadを利用される方にはおすすめできません。

おすすめできない理由は、以下の通りです。

  • ファームアップ前は、iPadからの接続が全く行えなかった
  • ファームアップ後は、iPadから接続することができるようになったが、通信が不安定(無線LANルータの至近距離にあるのに、いきなり電波が切れて通信が途絶える)
  • ファームアップ前後にかかわらず、iPhone 3GSの通信が不安定(上と同じく、電波がいきなり切れて通信が途絶える)

特に、ファームアップしても改善されない点が致命的です。BUFFALO製の機種とiPhone,iPadの相性が悪いのか、11n規格がIEEE802.11nドラフト時代の機種のチップセットとiPhone,iPadとの相性が悪いのかは不明ですが、この機種でiPhone,iPadを利用される方は注意が必要です。

ということで、現在は別にiPhone,iPad用にもう1台無線LANルータを設置しています([http://www.linksys.co.jp/product/wireless/g/wrt54gc/wrt54gc.html:title=LINKSYS WRT54GC-JP)。この機種とiPhone,iPadとは非常に相性が良いようです。しかし、リンクシスは日本国内からは撤退してしまったんですよねー、うーむ…。