旅モバ

旅、モバイル、サーバ関連(Linux,FreeBSD)、クラウド・Webサービス、その他PCの話題など。

古いPCが蘇る!UbuntuでリビングPCを作る

10年前に買った東芝 Dynabook A2/X2PMC(Pentium3 1Ghz)へUbuntuをインストールして、リビングの液晶テレビAQUOSへ繋いでみました。
OSは Ubuntu 10.04 LTSをインストールしています。Youtube*1やWebの閲覧にはまだまだ使えます。また、起動もそこそこ早いです。

このPCは私が学生時代に買ったものですが、今では液晶のバックライトが切れてしまい、外部ディスプレイ無しで使うことができません。また、OSがWindows Meだったり、WIndows 2000だったりするため、アンチウイルスソフトを含め各種ソフトウェアのサポートが打ち切られてしまっていたり、OSのサポート終了時期が近づいていたりといった問題があり、ネットワークに接続された状態で継続して使うには不安がありました。そこで、今回Ubuntuをインストールしてみることにしました。

古いPCにUbuntuをインストールする大きなメリットとしては、PCの新旧にかかわらず最新の機能(ソフトウェア)が使える、セキュリティアップデートがOSのサポート期間の範囲内で利用できる、最新のWindows(Vistaや7)よりもメモリの使用量が少なく動作が軽いという点が挙げられます。何より、フリーでこれらのメリットに享受できることは大きなことです。特に、前述の通りセキュリティに問題のある状態(OSやソフトウェア)でネットワークへ接続することは、今日においてはリスクの大きいことですので、セキュリティアップデートが利用できる点だけを考慮してもインストールしても損は無いでしょう。

*1:ただし、Youtubeはブラウザ上ではなく、別途動画プレイヤーアプリを使用します