旅モバ

旅、モバイル、サーバ関連(Linux,FreeBSD)、クラウド・Webサービス、その他PCの話題など。

Google日本語入力(GoogleIME)を試す

先日公開されたGoogleIMEを早速試してみました。
http://www.google.com/intl/ja/ime/

GoogleIMEを一言で言えば、「語彙に強いIME」です。語彙はATOKに勝るとも劣らないといっても過言ではないでしょう。ATOKよりも劣るとすれば、形態的な面です(文と文のつながりの解釈等)。ブロガーやライター等、PCを日頃から原稿用紙の如く文章を書くことが多いヘビーユーザーの方には物足りないかもしれませんが、それ以外の方において是非一度使ってみることをおすすめします。

MS-IMEユーザーが乗り換えるメリットはあるか

MS-IMEユーザーはまず使ってみるべきです。MS-IMEよりも良好な変換結果を享受することができます。
MS-IMEは登場してから10年以上経過していますが、一向に変換効率が改善される気配がありません。また、なかなか思うように辞書が学習されなかったり、ATOKやGoogleIMEで当たり前のように変換可能な固有名詞を変換することが出来なかったり(MS-IMEでは「笑福亭鶴瓶」は一発で変換できるでしょうか?)、頓珍漢な変換結果が出てきたりといったことでストレスに感じている方も多いのではないかと思います。そのような方は、是非GoogleIMEを使ってみてください。

ATOKユーザーが乗り換えるメリットはあるか

ATOKユーザーがGoogle日本語入力を利用するメリットはほとんどありません。
GoogleIMEの方が語彙が多いのですが、語彙が多い=良い辞書ではありません。語彙が多いからといって、すべてが日常的に使われる言葉であるとは限りませんし、一生使うことの無い言葉だってあります。なにより、語彙が多いからといって自分の意図した変換結果が出てくるとも限りません。特に、GoogleIMEは文節間の意味を解釈して適切な変換結果を表示するような形態的な面がまだまだ弱いです。例えば、ATOKでは「入れ立てのお茶」がGoogleIMEでは「入れた手のお茶」になってしまいます。

Macユーザー(ことえり)が乗り換えるメリットはあるか

私の場合は、MacでGoogleIMEを使っています。「ことえり」もMS-IMEと勝る劣らず変換効率が良くありません。というか、ことえりMS-IME以下の変換効率だと感じることが多々あります。MacにもATOKが有りますが、私自身Mac版のATOKは利用していないため、代わりにGoogleIMEを使っています。変換結果はおおむね良好です。MS-IMEと同様、ことえりを使用している方は是非GoogleIMEを使ってみてください。