旅モバ

旅、モバイル、サーバ関連(Linux,FreeBSD)、クラウド・Webサービス、その他PCの話題など。

ATOKの変換結果がアホになってしまった場合は・・・

ATOK 2009 for Windows 通常版

ATOK 2009 for Windows 通常版


普段使うIMEは、職場ではMS-IME、自宅ではATOKです。
職場でMS-IMEを使う理由は、職場で許可されたソフトウェア以外のものが使えないためですが、MS-IMEはOfficeのバージョンが2007となった今でさえも変換結果はお世辞にも良いとは言い難いものばかりです。

では、ATOKはどうなのか?ということになりますが、MS-IMEと比較するまでもなく良好な変換結果が得られます。しかし、使っていくうちにだんだんと意図した結果が得られなくなるというか、アホみたいな結果になってしまう場合があります。

このような場合は、学習情報やユーザー辞書をクリアすることで改善できる場合があります。
手順は以下のページより。
自分で登録した単語をすべて削除する:■対応バージョン:ATOK 2008/2009《ATOK即効テクニック》

ATOKの変換結果がどうしようもないくらいアホになってしまった場合は、是非試してみましょう。