旅モバ

旅、モバイル、サーバ関連(Linux,FreeBSD)、クラウド・Webサービス、その他PCの話題など。

SHARP NetWalker

NetWalkerポータル:シャープ
販売価格は、38,000円〜45,000円くらい。
これは、リナザウの再来なのか、それともネットブックの競合製品か、はたまたPomeraの競合製品か・・・。しかし、販売価格がネットブックとほとんど変わらないので、どうも食指が伸びない・・・。

また、色々とレビュー記事や購入者のblogを見たところ、

  1. 動作はもっさり(サクサクではない)
  2. キーボードのキータッチがあまり良くない(ぐらつく)
  3. 液晶が小さいので、文字が細かい
  4. 高精細液晶なので、PCでWebページを見るのと変わらなく使える
  5. アダプタが大きい
  6. 大きさは文庫本よりちょっとはみ出るくらい
  7. 電源を入れて立ち上がるまでに2分程度かかる。サスペンドなら5秒程度。サスペンド推奨。

らしい。

SHARP Net Walker 5インチ モバイルインターネットツール ブラック系 PC-Z1-B

SHARP Net Walker 5インチ モバイルインターネットツール ブラック系 PC-Z1-B


SHARP Net Walker 5インチ モバイルインターネットツール ホワイト系 PC-Z1-W

SHARP Net Walker 5インチ モバイルインターネットツール ホワイト系 PC-Z1-W


SHARP Net Walker 5インチ モバイルインターネットツール レッド系 PC-Z1-R

SHARP Net Walker 5インチ モバイルインターネットツール レッド系 PC-Z1-R

動作がサクサクでない点は、もともとPC向けのアプリケーションが機種に最適化されずに動作しているため、現状仕方ないことだと思います。そのうち、有志によって機種に最適化されたアプリケーションが提供されることを期待します。しかし、キーボード付きのモバイルガジェットにおいては、飾りのようなものであってはならないと考えています。キーピッチの大小に関係なく確実なキータッチ(押されたキーに応じて漏れなく確実に文字が表示される、キーを押したときの剛性がしっかりしていてユーザーに対してストレスを感じさせない)ことが重要です。かつてのモバイルギアPomeraなんかは、小さいながらも確実なキータッチが提供されています。キーボードは操作性を左右する最も重要なデバイスであるため、割り切ることが難しい部分です。現状の機種でキータッチが良くないということであれば、後継機で確実に改善されていることが重要です。

しかし、ネットブックと競合する価格帯の製品で、かつネットブックの方が快適に使えることを考えると、この製品を誰が買うのか、そしてどこまで売れるのかが気になります。また、Ubuntu(Linux)がOSとして採用されている点についても、操作性の面でUbuntuがどれだけ受け入れられるのかが気になります。個人的には、あと2〜3万円程度出してFMV LOOX Uを購入した方が良いような気がします。