旅モバ

旅、モバイル、サーバ関連(Linux,FreeBSD)、クラウド・Webサービス、その他PCの話題など。

au「指定通話定額」申込上の注意点 − 8月分の明細でびっくりしないために…


auが「指定通話定額」という割引サービスを8月10日より開始します。 auショップやpipitでは、既に事前予約を開始しているようです。

au携帯電話における新しい定額サービスの導入について | 2009年 | KDDI株式会社
KDDI沖縄セルラーは、月額390円 (税込) でお客さまが指定するau携帯電話への国内通話料が24時間無料になる通話料割引サービス「指定通話定額」を2009年8月10日 (月) より、月額390円 (税込) から始まるパケット通信料定額サービス「ダブル定額スーパーライト」を2009年8月1日 (土) より、提供開始します。
「指定通話定額」は、月額定額料390円 (税込) をお支払いいただくことにより、お客さまが登録した3件までのau携帯電話番号への国内通話が24時間無料となる割引サービスです。 KDDIでは、2008年3月より「家族割」と「誰でも割」を組み合わせることによって家族への国内通話を24時間無料としていましたが、今回、お客さまの「家族割」ご契約の有無に関わらず、時間帯を気にせずに、指定したau携帯電話との通話を24時間無料でご利用いただけます。

本サービスの利用においては、いくつか制限事項や注意事項がありますが、特に注意すべき点は既存の契約者が「指定通話定額」を利用できるのは2009年9月1日が最短であるということです。
auのプレスリリース指定通話定額のページ、お客様サポートのFAQにも書かれていますが、既存au契約者が「指定通話定額」サービスを利用できるのは「お申し込み翌月から」です。 つまり、「指定通話定額」サービスが利用可能になるのは最短でも2009年9月1日からということです。 2009年8月10日に申し込んで、即日利用できるわけではありません。事前予約の場合も同様です。結局、事前予約した方も、2009年8月10日に申し込んだ方も、8月末である2009年8月31日に申し込んだ方も、適用時期は全員2009年9月1日なのです。 既にauを利用している契約者の方は、2009年8月分の通話明細を見て「あれ?なんで定額になっていないの!?」ってびっくりしないためにも、必ず覚えておきましょう。

なお、auをこれから新規契約される方が契約と同時に「指定通話定額」を申し込んだ場合は、最短で2009年8月10日から適用されます。ただし、同時申し込みでない場合は既存契約者と同様に「お申し込み翌月から」ですので、適用時期は2009年9月1日からが最短です。新規契約者の方は、トラブルを未然に防ぐ意味でも新規契約と同時申し込みを強く推奨します。

「指定通話定額」自体は画期的なサービスだと思います。しかし、サービス開始後1〜2ヶ月はサービス申込に関するトラブルで混乱が発生することが予想されます。特に、「指定通話定額」という名前につられて注意事項などを確認せずに契約して、翌月に届く通話明細を見てびっくりする方は、きっと多かれ少なかれ出てきて色々問題が発生するのではないかと感じています。KDDIもこの点を契約者に対して注意喚起を行い、事前に対策をすべきではないかと思います。